スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域を見守る防犯カメラが会員ホールに広まる

大阪福祉防犯協会では年間200万円の予算で年間7カ所を目標に、公共空間に向けた、いわゆる街頭防犯カメラを会員ホールの敷地内に設け、防犯および事故防止のために運用しています。昨年後期は11月9日に堺市南区の「ザ・チャンス7」、11月10日に「がちゃぽん菱江店」(東大阪市)11月17日に「パーラーパティオ香里園店」(寝屋川市)、12月21日に「ベガス1700枚方店」(枚方市)、今年前期は「べラジオ大東店」(四条畷市)、「ガリバー大東店」(四条畷市)の敷地内にそれぞれ防犯カメラをホール敷地内に設置、公道およびパブリックスペースを記録するポジションにおいて、運用を開始しました。今後も会員ホールの協力を得ながら、運用カメラを増やしていく計画です。
近年、防犯カメラの普及は著しく、私的なセキュリティ用途のみならず、駅や道路、公園などの公共空間での活用が増えてきました。それにともない、防犯カメラの犯罪抑止効果をはじめ、交通事故等の警察への資料提供、犯罪の検挙に繋がる証拠の確保など、様々な実績が上がっています。また画像処理の進歩により、高解像度の映像を長時間、かつ低コストで撮影・記録が行えるようになっていることから、当協会でも安心・安全もまちづくりに貢献できるツールとして、設置・運用の研究を重ねて参りました。
7-5 公共空間を見守る目が次々と (2)
導入したホールでは、見通しの悪い公・私道や事故の多い交差点、歩行者にとって死角の多いエリアなど、所轄警察署や防犯カメラの専門家のアドバイスを元に、効果の高い場所を選定し、取り付けに至っております。また地方エリアでは、防犯カメラの設置がまだまだ少ないことから、公共空間の死角を埋める取り組みに、地域の期待も高まっています。
当協会では今後も大阪府警との連携を深め、より効果的な防犯カメラの運用を研究するとともに、地域に役立つネットワークづくりに取り組んで参ります。
スポンサーサイト

大阪福祉防犯協会の基金を利用して「こころの家族」が福祉車両を購入

P1200388.jpg
「こころの購家族」(田内基理事長)は当協会の基金による助成を利用し、福祉車両を購入、その贈呈式が5月18日、「故郷の家」(大阪府堺市)で行われました。今回、入した車両は車いすへの対応はもちろん、お年寄りに優しい低床タイプになっています。また非力な女性職員でも楽に車いすの乗降が行えるなど、効率化が図られています。
P1200379.jpg
「こころの家族」は、日本国に在住する、韓国・朝鮮人の心のふるさととなる拠点づくりを目的に、開始された老人ホームプログラミングに基づいて、要介護の高齢者を対象とした「特別養護老人ホーム 故郷の家」を堺市のほか、神戸市長田区、京都市南区の計3か所を運営。もともとは在日コリアンの施設ですが、イベントなどには、地域住民も積極的に参加しており、現在ではコリアンと日本人の共生ホームとして、入所者や利用者は活気ある充実した日々を送っています。また昨年11月には東京都江東区に「故郷の家・東京」を開設、日本人と在日コリアンを結ぶ新たな架け橋に、大きな注目が集まっています。
「こころの家族」には、これまで購入した車両も含め、すべてに当協会名を側面に明記していただいており、サポートの必要な方々と、そのお世話をする職員たちを乗せ、堺市はもちろん、拠点のある京都、神戸市内でも巡回しています。

P1200358.jpg

第15回基金寄贈式典を開催 府下の福祉施設15団体へ総額1295万円を寄贈

kizou2017
一般社団法人大阪福祉防犯協会は5月19日、大阪市中央区の大阪シティプラザで「第15回基金寄贈式典」を開催、府内の社会福祉法人など15団体に対し、1295万円の基金寄贈を行いました。これにより基金贈呈総額は延べ160団体、1億4459万円となりました。
kizousyuugou2017
なお今回の基金贈呈先は次の通りです
●大阪水上隣保館 ひびき(三島郡島本町)
●救世軍社会事業団 救世軍希望館(茨木市)
●イエス団 ガーデン・エル(東大阪市)
●大阪福祉事業財団 高鷲学園(羽曳野市)
●三ヶ山学園(貝塚市)
●高津学園(大阪市天王寺区)
●愛徳福祉会 ふたば(大阪市東住吉区)
●聖家族の家 児童院(大阪市西区)
●みおつくし福祉会 助松寮(泉大津市)
●海の子学園 池島寮(大阪市港区)
●田島童園(大阪市生野区)
●こころの家族 故郷の家 (堺市南区)
●慶徳会 子供の家(茨木市北春日丘)
●読売光と愛の事業団 大阪支部(大阪市北区)
●大阪被害者支援アドボカシーセンター(大阪市天王寺区)

各地で行われた春の地域安全運動に参加

はるあんぜん2017
4月18日から27日まで「春の地域安全運動」として、大阪府下でも様々なイベントが開催されましたが、当協会でも各地の催しに参加しました。今回の運動における重点項目は、「子どもや女性を対象とする犯罪被害の防止」、「特殊詐欺の被害」、「ひったくり及び自動車を対象とする犯罪被害の防止」の3点で、初日となる4月18日は各地区の防犯協会連合会をはじめ、自治体、事業者、警察官とともに、大阪市鶴見区の鶴見署管内で道行く人たちに、注意を喚起するチラシやグッズを配布しました。
あるあんぜん20172
また11時からは阪急池田駅前てるてる広場で、特殊詐欺被害キャンペーンを開催。四代目桂春団治の襲名を控えた桂春之輔さんが1日署長として登場、池田市のゆるキャラ、ふくまるくんと共に、行き交う人たちに特殊詐欺被害の防止を訴えていました。
はるあんぜん いけだ
ふくまるくん



第2回ホール情報交換会を開催

tencyoukaigi2
大阪福祉防犯協会は3月12日、大阪市の「ホテル一栄」で「ホール情報交換会」を開催、忙しい業務の合間を縫って、会員各店舗から22名の代表者が集い、ライバル関係の垣根を越え、低迷が続く業界の活性化をテーマに、様々な情報の交換が行われました。

kunisawakaicyou
開会に先立ち株式会社 大商の國澤良幸会長による講演を開催。「業界の動向と現状等について」と題し、様々な情報を提供していただきました。
tencyoukaicyou
kaizyou2
高智茂会長の挨拶の後、会員たちは夕食を摂りながら、遊技機をはじめ、ホールが抱える様々な問題点をテーマに意見の交換が行われました。


リンク
プロフィール

ふくちゃんぼうちゃん

Author:ふくちゃんぼうちゃん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
フリーエリア
ここに役員名簿が入ります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。