FC2ブログ

マースシステムズが当協会向けにWebセミナーを開催

大阪福祉防犯協会は11月25日、第三波となる新型コロナ感染の拡大で、不要不急の外出自粛が求められる中、マースシステムズ西日本(本社/大阪市北区)の久世テクニカルディレクター講師によるWebセミナーを開催しました。
セミナーでは同社の取締役営業部長である美濃谷氏のあいさつの後、久世氏に厳しい市場環境が続く現況に加え、コロナ禍がどういった影響を与えるか、また新しい生活様式を踏まえたホール運営の在り方や、ウィズコロナ・アフターコロナにおける業界動向を話していただきました。

websemi
双方向ライブ通信で行われたセミナーに参加する高智大輔理事

さらに昨今、欠くことのならない会員戦略について、新規会員と既存会員の傾向や、店舗での会員重要度、会員分析手法や会員トレンド情報など、同社が蓄積してきた貴重なノウハウを披露していただきました。中でも同社が推奨する“顧客管理における稼働アップの方程式”による基礎的な来店管理から、レベルアップを狙った機種管理など、実際に活用している店舗を事例にしており、同社のシステムを採用しているホールのみならず、分かりやすいと参加した会員にも大好評でした。
websemi2
ウィズコロナ・アフターコロナにおいて望ましい業界の在り方が示されました

基金贈呈へ向け最終選考を行いました

会議
令和元年度の第19回基金贈呈へ向け、その対象となる最終選考が11月10日、ナンバプラザビル10階会議室において実施されました。当日は選考候補の団体代表者、および関係者が当協会の各理事と面談し、団体の活動報告や要望などについて述べていただきました。

当協会では選考委員会を設け、国や自治体から充分な援助が受けられないながらも、活動を続けている団体や施設を調査し、贈呈先候補を選定して参りました。今後、今回の面談内容を参考に、理事会にて協議し、最終選考を経て、基金贈呈先、贈呈金額、および贈呈方法を決定します。

大阪福祉防犯協会が九州豪雨の被害に対し50万円の義援金を寄託 また大阪府「新型コロナウイルス助け合い寄金」にも寄付

IMG_0218.jpg
大阪福祉防犯協会(高智茂会長)は8月5日、大阪市北区の読売新聞大阪本社内にある社会福祉法人「読売光と愛の事業団」を訪れ、甚大な被害が相次いだ九州豪雨災害に対する救援・復興を支援するため、「猛暑の中、過酷な生活を余儀なくされている被災者の方々の姿に心を痛めています。少しでも皆様の救援に役立てていただけば」とのメッセージを添えて、義援金50万円の寄託を行いました。
7月3日から31日にかけて熊本県を中心に九州で発生した集中豪雨は、未曽有の降雨量を記録。中でも熊本県を流れる球磨川水系は、八代市、芦北町、球磨村、人吉市、相良村の計13箇所で氾濫・決壊し、約1060haが浸水するなど、死者64人(熊本県警発表)を出す甚大な被害となりました。当協会ではこうした現状を考慮し、急遽、今回の義援金の寄託を決定しております。
また大阪府が新型コロナウイルス感染症に関する医療及び療養に従事される皆さんを支援するために設立した基金「新型コロナウイルス助け合い寄金」にも50万円を寄付しました。


会員ホールと賛助会員にマスクを配布

12-C
新型コロナウイルスの急速な感染拡大に対し、特別措置法に基づく緊急事態宣言が4月7日、大阪府に発令されたことに伴い、当協会でも会員各ホールが休業要請に応じ、医療崩壊を防ぎつつ、早期に新型コロナウイルス収束のための協力体制を整えました。時差出勤やテレワークなど会員ホール、賛助会員ともに感染防止に努める中、やはりマスク不足に苦慮する声が日増しに高まり、事務局では急遽、50枚入りのマスクを全会員に配布しました。

会員ホールを通じてリカバリーサポート・ネットワークが発行するリーフレットをパチンコ・スロットファンに配布

12-A 配布されたリーフレット
大阪福祉防犯協会は3月27日、認定NPO法人リカバリーサポート・ネットワークが発行するリーフレット「パチンコ・パチスロを楽しむために知っておいてほしいこと」と「あなたの遊び方は安全ですか?」の2種類をすべての会員ホール送付し、各店舗にて遊技に来られるお客様に配布しました。これは昨今、問題とされているパチンコ・パチスロののめり込みについて向き合い、お客様に安全で気軽に楽しんでもらえる環境づくりに取り組むとともに、のめり込みに対する不安や悩みを抱えることなく、安全かつ安心して遊技を楽しんでいただくため、当協会が実施しているのめり込み防止対策の一環です。
「パチンコ、パチスロを楽しむために知っておいてほしいこと」では、のめり込みが強くなることで生じる様々な問題点を掲げ、“遊ぶ前に必要な知識”“遊び方に関すること”“その他の注意点”の3項目で、パチンコ・パチスロを安全に楽しむためのポイントを具体的に示しています。また「あなたの遊び方は安全ですか?」ではパチンコ・パチスロと安全な付き合い方ができているかどうか、チェック方式で自己診断が行えるようになっています。
パチンコ・パチスロに限らず、人は自分の興味に対し、のめり込む性質を持っています。のめり込みにより、日々の生活バランスが崩れると、学業や仕事、心身の健康、家族や周囲の人たちの人間関係、経済的な問題が生じ、本人のみならず家族や身近な人にも影響が及ぶことも。こうした状況に陥らないためには、自分自身に問題が起きていないか、家族や身近な人を困らせていないか、遊び方を振り返り、予防に努めることが必要となります。
また当協会でも、ホール関係者が正しい知識を持つことで、のめり込みに対する不安や悩みを抱えたお客様に的確に対応し、専門機関へ橋渡しができる人材を育てようと平成18年に、のめり込み問題の第一人者である同リカバリーサポート・ネットワークの西村直之代表理事を講師に招き、「パチンコ・パチスロのめり込み防止アドバイザー研修会」を開催。パチンコ業界が認識しておくべきのめり込み問題の基礎知識やその予防と対策等、多岐にわたってご教示していただいたのをきっかけに、のめり込みに対する不安や悩みを抱えたお客様に対して、側面的支援ができるように、体制を強化しております。
リンク
プロフィール

ふくちゃんぼうちゃん

Author:ふくちゃんぼうちゃん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
フリーエリア
ここに役員名簿が入ります